Simplicityのビジュアルエディターのカスタマイズについて

Simplicity1.7.7より、ビジュアルエディターのスタイルを変更しました。

エディターのスタイルは、Simplicityの投稿ページのデフォルトスタイルに似せたものにしました。

Simplicityのビジュアルエディタースタイル

ビジュアルエディターの設定

ただ、デフォルトのエディタースタイルが変わってしまうと、以前のスタイルに慣れている方は、「書きにくい」となってしまうかもしれません。

ですので、「外観→カスタマイズ→管理画面」の「ビジュアルエディターにSimplicityスタイルを適用」のチェックを外すだけでWordpressデフォルトのビジュアルエディターになるようになっています。

ビジュアルエディターにSimplicityスタイルを適用 [5]

子テーマでの設定

「Simplicity子テーマ(無印)20150707」より、子テーマ内の「editor-style.css」にスタイルを書くことで、ビジュアルエディターのスタイルを変更できるようにしました。

ただ、「Simplicity子テーマ(無印)20150707」以前のバージョンを利用している場合は、その機能を利用できません。

以前のバージョンで、同様の機能を利用するには、以下の手順を行ってください。

  1. functions.php内に「add_editor_style();」と追記
  2. 子テーマフォルダ内に「editor-style.css」ファイルを作成
  3. 「editor-style.css」ファイルにスタイルを書く

詳しい仕様は、以下を参照してください。

Wordpressの記事を作成するとき、投稿画面のビジュアルエディターを用いている方も多いかと思います。 ビジュアルエディターは、デフォルトの状態だと、フォントサイズも小さめですし、WindowsデフォルトではMSゴシックが選択されま

まとめ

ビジュアルエディターの見た目を、実際の投稿ページの見た目と似せることにより、個人的には編集がかなりしやすくなったように思います。

また、投稿ページの実際のでき上がりを想像しながら、記事を書けるようになったと思います。

スポンサーリンク
アドセンス(大)