初心者でもできる!エックスサーバーでWordPressサイトの開設手順を徹底解説

以下では、エックスサーバーにてサイトを開設する方法を紹介したいと思います。

出来る限り画像多めで、詳しく解説するので、手順通りに行えば、初心者の方であってもWordpressサイトを始められる解説になっているかと思います。

サイトを開設する主な手順

pexels-photo

サイトを始めるに当たって、必要となる主な手順は以下の3手順となります。

  1. エックスサーバーでの申し込み
  2. ドメインを取得する
  3. WordPressをインストールする

説明通りに手順を踏んでいくだけで、Wordpressサイトを開設出来るかと思います。

エックスサーバーでの申し込み

WordPressサイトを開設するには、レンタルサーバーを借りるのが最も賢明かと思います。

中でも、高性能さと安定性を兼ね備えたエックスサーバーは、ベストな選択の一つと僕は思います。

サーバー登録するには、エックスサーバーから、オレンジ色の「申し込み」ボタンを押してください。

エックスサーバーを10日間無料お試し

エックスサーバーは、試用期間として申し込みから10日間は無料で利用できます。その間に、サーバーの使い勝手を確かめて、本登録することも可能です。

10日間の無料お試しに登録

登録ボタンを押すと、「XSERVERお申込みフォーム」が表示されるので、「サーバー新規お申し込み」ボタンをクリックします。

XSERVERお申し込みフォーム画面

ユーザー情報の入力

すると、ユーザー情報入力画面が表示されます。

登録フォームからXSERVERユーザー情報を入力する

以下のような手順で入力してきます。

  1. サーバIDの入力(好きなIDでOK)
  2. X10(スタンダード)プランを選択する
  3. メールアドレスを入力する
  4. 名前と住所を入力する

サーバIDは、好きなテキストを入力すればOKです。ただし後からは変更できません。

これからサイトを始める場合、プランは最も値段の安い「X10プラン」を選んでおけばOKかと思います。もし、アクセス増により転送量が増えたとしても、後からでも変更できます。

入力が完了したら、利用規約に同意して、「申し込み」ボタンを押します。

利用規約に同意して申し込みボタンを押す

登録したユーザー情報の確認

次に「入力内容の確認」画面が表示されるので、入力された内容に問題がなければ、「お申し込みをする」ボタンを押してください。

ユーザー情報入力内容の確認1

すると以下のように「お申し込み完了」画面が表示されます。

お申し込み完了画面

登録が完了すると、すぐさまエックスサーバーからメールが送信されます。

メールの確認

ユーザー登録時に利用したメールアドレスをメーラーで開いて確認します。

『【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] (yourid.xsrv.jp)』といったタイトルとともに、以下のような内容のメールが届きます。

【Xserver】■重要■ サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間]

メールをスクロールすると、「ユーザーアカウント情報」があるので「インフォパネルURL」を開きます。

インフォパネルのURLを開く

インフォパネルへのログインページはこちら。

登録情報の確認や料金のお支払いなど、ご契約に関する管理ツールです。

エックスサーバーインフォパネルにログイン

URLを開くと、以下のようなログイン画面が表示されるので、メールの「ユーザーアカウント情報」に書かれている「会員ID」と「インフォパネルパスワード」を用いてログインします。

インフォパネル - ログイン レンタルサーバー【エックスサーバー】

エックスサーバー管理画面で料金の支払いをする

インフォパネルにログインすると、以下のような画面が表示されます。

エックスサーバー -インフォパネル

エックスサーバーは、10日間無料で使用できます。ただ無料期間中はドメインの登録を行うことができません。ですので、まずは料金を支払います。

料金を支払うにはメニューにある「料金のお支払い」を選択してください。

料金のお支払いメニューを選択

以下のように、サーバーを選択して、「お支払い方法を選択する」ボタンを押して支払い手続きを行ってください。

サーバーを選択して支払いを行う

「更新期間」は、長ければ長いほどサーバー使用料が安くなります。

「X10(スタンダードプラン)」だと、「ひと月あたりの利用料が1200円(3ヶ月)~900円(36ヶ月)」と変わってきます。

契約更新時お支払い料金

ちなみに僕は更新期間を12が月で始めました。

利用料金を支払う

「料金のお支払い」画面に移動すると、以下のように必要な金額が表示されます。

料金の支払い画面

支払方法は、以下の中から選択できます。

  • 銀行振り込み
  • クレジットカード
  • コンビニ払い
  • ペイジー

この中で最も手軽なのは、「クレジットカード払い」です。クレジットカードを利用すると、更新期限が来ると自動的に支払いが済まされるので、余計な手間がかからずおすすめです。

クレジットカードで利用料を支払う場合は、「クレジットカード決済画面へ進む」ボタンを押してください。

XSERVER料金をクレジットカードで支払う

「クレジットカードでのお支払い」画面にて、クレジットカード情報を入力し「カードでのお支払い」ボタンを押して支払い手続きを行ってください。

クレジットカードでのお支払い画面

これにて、支払い手続きは完了です。

ドメインを取得する

エックスサーバーでサイトを始める場合は、エックスサーバーでドメインを取得しておけば、何かと都合が良いかと思います。同一会社に管理されることになるので。

他のドメイン取得サービスで、ドメインを取得しても全く問題ありません。

追加の申し込みに同意

ドメインを取得するには、インフォパネルのメニューから「追加のお申し込み」を選択してください。

インフォパネルから追加の申し込み

その後、規約に目を通し「同意する」ボタンを押してください。

ドメインの新規取得

「追加のお申し込み」画面が表示されるので、ドメインの「新規取得」ボタンを押してください。

追加のお申し込み画面

「ドメインの新規取得」画面が表示されるので、取得したい独自ドメインをテキストで入力し「検索」ボタンを押します。

ドメインの新規取得画面

ちなみに、ドメインの利用料金は、種類によって変わります。
ドメインの利用料金

ドメイン検索後、利用できるドメインならば、「この独自ドメインは申し込むことが可能です!!」と表示されるので、「申し込む」ボタンを押してください。

入力したドメイン使用を申し込む

ドメインが既に使用されている場合は、空いているドメインが見つかるまで繰り返す必要があります。

「申し込み」ボタンを押すと、以下のような画面が表示されるので、「お申し込み内容の確認」ボタンを押します。

お申し込み内容の確認ボタンを押すドメイン

申し込み内容を確認して、問題なければ「お申し込みする[確定]」ボタンをクリックしてください。

ドメインの申し込みを確定する

一度申請したドメイン名は、申請後のキャンセルができないので注意してください。

ドメインの申請後は、サーバー料金を払った時と同様に、支払い手続きを行ってください。

サーバーにドメインを反映させる

次に、取得したドメインをおサーバーに反映させます。

インフォパネルにログイン後、対象サーバーパネルへの「ログイン」ボタンを押してください。

サーバーのログインボタンを押す

すると、以下のようなサーバーパネル(サーバーの設定を変更する画面)が表示されるので、メニューの中から「ドメイン設定」を選択してください。

エックスサーバーのサーバーパネルから「ドメイン設定」メニューを選択

すると「ドメイン設定」画面が表示されるので、「ドメインの追加設定」タブをクリックし、「取得したドメイン」を入力、最後に「ドメインの追加(確認)」ボタンを押してください。

エックスサーバーでドメインの追加設定を行う

「ドメインの追加(確認)」ボタンを押すと、以下のような確認画面が表示されるので、内容に誤りがなければ「ドメインの追加(確定)」ボタンを押してください。

ドメインの追加(確定)ボタンを押す

ドメイン設定後は、以下のように設定情報が表示されます。

ドメイン登録後の設定内容表示画面

ドメインの追加後、サーバーに設定が反映されるまで数時間~24時間程度かかる場合があります。

直ぐには反映されないので、しばらく待つ必要があるでしょう。その間に、Wordpressのインストールをしておきます。

WordPressをインストールする

WordPressをインストールするには、サーバーパネルから「自動インストール」メニューを選択します。

サーバーパネルから自動インストールを選択する

「自動インストール」画面が表示されるので、「プログラムのインストール」タブを選択後、Wordpressの「インストール設定」ボタンを押します。

プログラムのインストールタブを選択してWordpressのインストールボタンを押す

以下のように、Wordpressの設定情報を入力します。

Wordpressのインストール画面(XSERVER)

手順の詳細は以下。

  1. 登録したドメインを選択する
  2. インストールフォルダの設定(基本的に空白でOK)
  3. ブログの名前を変更する(後から変更可)
  4. ログインユーザー名を入力(半角英数字)
  5. ログインパスワードを入力(半角英数字)(後から変更可)
  6. メールアドレスを入力(お知らせやコメントを入力通知に利用)(後から変更可)
  7. 自動でデータベースを生成にチェック
  8. 設定に問題がなければ「インストール(確認)」ボタンを押す

「インストール」ボタンを押すと、以下のような「設定確認画面」が表示されるので、設定に誤りがなければ「インストール(確定)」ボタンを押してください。

Wordpressインストールの確認画面

WordPressインストールが完了すると、以下のような設定情報が表示されます。

Wordpressインストールの完了画面

この情報はWordpress管理画面へのログインや編集に必要な情報になるので、必ずメモするなどして、控えておいてください。

WordPressへのログイン

設定情報の中に、WordpressへのログインURLが含まれているのでクリックします。

設定情報からWordpressログインURLをクリック

すると、ログイン画面が表示されるので、「ユーザー名」と「パスワード」を入力してログインしてください。

ログイン画面でユーザー名とパスワードを入力してWordpress管理画面に入る

ログインが完了したら以下のような管理画面が表示されます。

Wordpressの管理画面

サーバーにドメイン設定をしてから24時間以上経過していないと、エラー画面が表示される可能性があるのでご注意ください。そういった場合は、しばらく時間を空けた後ログインしてください。

WordPressテーマのインストール

あとは、好みのWordpressテーマをインストールします。

Simplicityをインストールする際は、以下の記事を参考にしてください。

以下では、Simplicityのインストール方法を紹介します。 手順通りに行えば、5分もあればインストールできるかと思います。...

出来れば、子テーマもインストールしておくことをおすすめします。

Simplicityは、そのままでも利用できますが、カスタマイズを念頭に置いて作成したWordpressテーマです。 子テーマを作成してス...

まとめ

こんな感じで、手順通りに行えば、エックスサーバー上でWordpress運営環境が整います。

エックスサーバーは、非常に安定したサーバーです。サーバー機器自体も頻繁にアップグレードされるので、現在なら100万PV以上の人気ブログも運営できるポテンシャルは余裕でもっています(古い環境でも100万PVサイトは運営できました)。

是非、エックスサーバーとWordpressで良きブログライフを。

サイト エックスサーバー