Simplicityの初期設定・おすすめの設定

WordPressテーマSimplicityを利用するために、まず行う設定について解説します。

追記:以下の記事も書きました。用途に応じて逆引きで記事を探せるまとめになっています。

[逆引き] Simplicity導入時にオススメな設定方法が書かれた記事まとめ
まず、初導入時は以下のページを読むことをお勧めします。 レンタルサーバーで迷っているとき もし、使用するサーバーで迷っているときは、エッ...

サーバー

WordPressテーマはサーバーにインストールする必要があります。

レンタルサーバーを利用するなら、個人的に最もオススメなのは、エックスサーバーです。

Simplicityを動作させるのにおすすめなレンタルサーバー
先日、一部古いサーバー仕様の問題で、Simplicityも利用しているFont Awesomeのアイコンが表示されないという報告がありまし...

安定・高速・サポートも手厚いレンタルサーバです。

当サイトもエックスサーバーで何年も運用しており、Simplicityの全機能を動作保証できます。

インストール

まず最初にダウンロードページからSimplicityをダウンロードしてください。

そして、あなたのサイトの管理画面にログインします。

メニューから「外観→テーマ」を選択します。

テーマの変更

テーマ画面が表示されたら「新規追加」をクリックします。

テーマの新規追加

テーマの追加金が表示されるので「テーマのアップロード」をクリックします。

テーマのアップロード

あとは先程ダウンロードしたSimplicityのファイルを選択して(D&Dでも可)「いますぐインストール」ボタンを押します。

Simplicityのインストール

最後に、有効化リンクをクリックすればSimplicityのインストールは完了です。

有効化リンクをクリック

他テーマからの乗り換えで、サムネイルが正しく(正方形に)表示されない場合は、以下の方法を試してみてください。プラグインをインストールしてワンクリックするだけの簡単な作業です。

Simplicityテーマをインストールして画像のアスペクト比が狂うときにやって欲しいこと
photo by Lisbon set of images Simplicityテーマをインストールして、本来正方形で表示されるは...

子テーマのインストールを強く推奨

あと、今後長くWordpressサイトの運営を考えているのであれば、必ず子テーマをインストールして有効化しておくことをおすすめします。

説明や、設定方法は以下になります。

Simplicityの子テーマをインストールする方法
Simplicityは、そのままでも利用できますが、カスタマイズを念頭に置いて作成したWordpressテーマです。 子テーマを作成してス...

「子テーマとかよくわからない」といった場合でも、仕組みはわからなくても問題ないので、利用しておくことに損はないと思います(利用してないと後々、面倒事が増えるかもしれません)。

おすすめの設定

Simplicityには、初期状態で初心者でも簡単に設定できるようにいろいろな機能を盛り込んであります。

初めてWordpressをさわる人でも、手軽に設定できるように作ったつもりなので、ぜひSimplicityの簡単カスタマイズ機能を使用してみてください。

以下で、そのいくつかを紹介します。

様々なウィジェット用意

Simplicityでは、なるべくユーザーさんが、手軽に設定を楽しめるように様々なウイジェットを用意しています。

7つのウイジェットが用意してある

「サイドバーウイジェット」「フッター(左中右)」は通常のウイジェットです。

「スクロール追従領域」にウイジェットを配置すると、スクロールを追いかけてくるウイジェットになります。よく表示されクリックされる位置なので人気記事などを置いてサイトの回遊率をアップするのに効果的かと思います。

「広告(336と330)」は、Google AdSenseを想定した広告領域です。このウイジェットに、レクタングル(大)とレクタングル(中)広告のタグを貼り付ければ、効果の高い位置にAdSenseが表示され、すぐにでもブログを収益化を開始することができます。

その他にも、広告を自由に設定できるウィジェットなどを多数用意しています。

Simplicity広告用ウィジェットの設定方法
Simplicity1.7.4から広告用ウィジェットを追加しました。 photo by Peter Kaminski 広告専用のウィジェッ...

ヘッダー画像の変更

Simplicityでは、「外観→ヘッダー」からヘッダー画像を追加・変更することも可能です。

カスタムヘッダー

ヘッダー画像変えることで、サイトの雰囲気ががらりと変わります。

ヘッダー画像を変更

Simplicityにヘッダー画像を追加・変更をする方法
Simplicityはデフォルト状態でヘッダー画像はありませんが、Wordpress管理画面からヘッダー画像を挿入することができます...

各種SNSページの設定

Simplicityでは、「外観→カスタマイズ」から、サイトヘッダー部分と記事下部分にSNSページへのインドボタンを簡単に設置することができます。

カスタマイズページから、「SNSの設定」を選択してください。

SNSの設定

SNSページの設定

Twitter、Facebook、Google+、feedly、RSSボタンを表示する設定を行うことができます。

SNSの設定

各SNSページの設定を行うことでパソコンと以下のように表示されます。

SNS

モバイルページでは以下のように表示されます。

SNSモバイル

SNSページへのボタンはサイトのヘッダー部分にも表示されます。

SNSページボタントップ

FacebookをOGPの設定

これは設定しなくても、OGP情報は表示されますが、Facebookは開発者登録を推奨しています。

SNSの設定

「管理者ID」と「アプリID」の取得の仕方は以下を参照してください。

Facebook : 開発者登録をしてApp IDを取得するまで | MUSHIKAGO APPS MEMO

【Facebook-OGP】「fb:admins」「fb:app_id」「SecretKey」の場所 | Qlay

SNS設定の詳細については以下を参照してください。

「SNSの設定」カスタマイズについての解説
Simplicityでは、テーマをインストールしたその瞬間からSNS拡散ボタンが設置されています。 そしてWordpress管理画面のテー...

Twitter Cardsの登録

Simplicityは、Twitter Cards情報がデフォルトで挿入されているけど、プラグインを使用するのと同様にTwitterに登録だけは、しなければいけません。

Twitter Cardsへの登録方法
Simplicityでは、プラグインを使用せずとも、デフォルトで以下のようなTwitter Cards情報のタグが挿入されます。 ...

Google Analyticsの設定

Simplicityは、Google AnalyticsのトラッキングIDを設定するだけでGoogle Analyticsの計測を開始します。(Wordpressログイン者はカウントしない仕様になっています。)

Simplicityでは、「外観→カスタマイズ」から、「アクセス解析」を選択してください。

Google Analyticsの設定

トラッキングIDの取得方法

Google AnalyticsからトラッキングIDを取得します。

まずはGoogle Analyticsにログインしてください。

ログインしたら「アナリティクス設定」をクリックします。

Analytics設定をクリック

「管理」画面が出たら以下の手順を行います。

  1. 「アカウント」から目的のアカウントを選択する
  2. 「プロパティ」から目的のプロパティーを選択する
  3. 「トラッキング情報」をクリックする
  4. 「トラッキングコード」をクリック

トラッキングコードの出し方

すると以下のような画面が表示されるので「トラッキングID」をコピーします。

トラッキングIDの取得方法

最後に、取得した「トラッキングID」を「外観→カスタマイズ→アクセス解析」に入力すればデータの取得が開始されます。

トラッキングIDの入力

もう既に、同様のプラグインを使用している場合は、未入力にしておけばなにもしないのでご安心ください。

「アクセス解析」カスタマイズについての解説
photo by Intel Free Press Simplicityでは、「Google AnalyticsのトラッキングID」や「ウェ...

Ptengine解析(ヒートマップ分析)の設定

WordPressを始めたばかりの頃は、国産のPtengine解析の方がわかりやすいかも。

ユーザーが、サイト上でどのようなアクションを起こしたかがわかるヒートマップ分析もあります。

詳しくは以下参照してください。

SimplicityでPtengineのアクセス解析(ヒートマップ分析)を行う方法
Simplicity1.7.7より、カスタマイザーでIDを設定することにより、Ptengineでの解析を行えるようになりました。 ...

ウェブマスターツールの設定

その他にも、ウェブマスターツールの所有者確認も設定から行うことができます。詳しくは以下の記事を参照してください。

SimplicityカスタマイズメニューからGoogleウェブマスターツールの所有者確認をする方法
Simplicityでは、「外観→カスタマイズ→アクセス解析」からGoogleのウェブマスターツールのサイト認証を行うことができます。 ...

広告位置の設定

Simplicityでは、広告をより効果の位置にテーマファイルを編集することなく変更することができます。

広告の位置を変更するには「外観→カスタマイズ→広告の設定」を選択してください。

広告の設定

デフォルトでは以下のような設定になっています。

広告の設定

「全ての広告を表示」のチェックを外すと全ての広告の表示を消すことができます。これは、アドセンスなどに何か問題があった時に使用するので、広告を表示させたい場合は、必ずチェックしておいてください。

「記事下以外の広告位置」で記事の下以外の広告の位置を変更することができます。

パソコンののデフォルトの広告位置は以下です。

デフォルトPCの広告位置

モバイルでのデフォルトの広告位置は以下です。

デフォルトモバイルの広告位置

カスタマイズから「本文記事中」に設定をすることで、より効果の高い本文中に広告位置が変更します。

本文記事中に広告を移動する

パソコンでの本文中広告。

パソコンでの本文中広告

モバイルでの本文中広告。

モバイルでの本文中広告

もし、広告位置を変更したことでアドセンス等のパフォーマンスが悪化した場合は、カスタマイズ画面からすぐさま元に戻すことができるので安心です。

「広告の設定」カスタマイズについての解説
Simplicityでは、広告の表示や位置などの設定を行うことができます。 広告の貼り付け方の設定は以下の記事を参照してください。 Sim...

カスタムチャネルなどを利用して、上級者向けの自由な広告設定がしたい場合は、以下を参照してください。

Simplicity広告用ウィジェットの設定方法
Simplicity1.7.4から広告用ウィジェットを追加しました。 photo by Peter Kaminski 広告専用のウィジェッ...

おすすめのプラグイン

Simplicityのみでもブログは始められますが、プラグインと合わせて使用することでさらに効果を発揮すると思います。

如何にプラグインのことについて書きましたので、よろしかったら読んでみてください。

テーマファイルをカスタマイズする場合は

ダウンロードページで配布しているテーマファイルを直接編集すると、アップデート時に編集が上書きされリセットされてしまいます。それを防ぐために、テーマファイルを編集する場合は必ず子テーマをカスタマイズし、インストール後、有効化してください。

このようにすることで、その後のメンテナンスが大いに楽になります。

Wordpress既存テーマをカスタマイズするなら子テーマを使うべきと思います。これは、Wordpress codexにある子テーマの項目でも推奨されています。ただ、Wordpressを使い始めたばかりの時に「子テーマ」「親テーマ」と言われ

子テーマのインストール方法は以下。

Simplicityの子テーマをインストールする方法
Simplicityは、そのままでも利用できますが、カスタマイズを念頭に置いて作成したWordpressテーマです。 子テーマを作成してス...

高速化する場合は、以下の方法が最もお勧め。

コピペ一発でSimplicityを結構高速化する方法
Simplicityを高速化し、さらなるパフォーマンスアップをする方法を解説します。 高速化には、ブラウザキャッシュの設定と、リソースを圧...

WordPressを始めたての場合は、下手なプラグインで高速化するよりも、上記の高速化のみで十分かと思います。

「ページキャッシュプラグインの複雑な設定を意味がわかった上でできる」とか「コードを圧縮するプラグインを利用してエラーが出ても対処できる」という方や「サイトが50万PVあってだが負荷が大変」という人でもない限りは、上記のシンプルな設定のみでOKかと思います。

詳細な高速化は、意味がわかってから行ってみてください。(プラグインの設定が原因によるテーマと無関係の不具合報告が後を絶たないもので。)