SimplicityのAMPテスト機能について

Simplicity2.4.0より、AMPテスト機能を追加しました。

スポンサーリンク

AMPのテスト機能

「外観→カスタマイズ」の「AMP」項目に以下のような設定項目が追加されました。

AMPのテスト用機能

  • AMPと通常ページ間の移動リンクを表示
  • AMPテストリンクを表示
  • AMPバリデーター

上記の機能が有効の時、投稿ページのタイトル下に以下のようなリンクが表示されます。

投稿ページの表示

AMPテスト用のリンクが表示

AMPページの表示

AMPページのAMPテスト用リンク

これらの機能は、「AMPの有効化」がオンになっている時のみ有効です。
AMP機能が有効であるとき

AMPと通常ページ間の移動リンク

投稿タイトル下に管理者のみに「AMPページへの移動リンク」が表示されます。

AMPページへの移動リンク

ここをクリックすると、AMP URLへ移動します。

AMPページへ移動された状態

逆にAMPページから、投稿ページへ戻ることもできます。

AMPテストリンク

投稿タイトル下に管理者のみに「AMPのテストリンク」が表示されます。

AMPのテストリンク

ここをクリックすると、GoogleのAMPバリデーターにより、エラーチェックを行うことができます。

なお、テーマカスタマイザーの「AMPバリデーター」には以下の種類があります。

SimplicityのAMPバリデーター設定

Google AMPテスト

デフォルトではGoogleのAMPテストになっています。

Google Search Console AMP テス

これをデフォルトとしたのは、ある程度日本語対応されているからです。

The AMP Validator

もちろんお馴染みのThe AMP Validatorでもチェックできます。

The AMP Validator

AMPBench

より詳しくAMPに関するチェックができるAMPBenchでテストすることもできます。

AMPベンチ

これは主に自分用に付けたのですが、チェックが一度にできて便利です。構造化データのチェックもすることができます。

まとめ

こんな感じで、以前より手軽にAMPに関するチェックを行えるようにしました。

ただ、こういった機能つけといてなんですが、個人的にそこまで目くじらを立ててエラー修正する必要も内のではないかと思います。AMPエラーが出ている投稿ページだからといって、検索エンジンからの評価が下がるということはないと思うので。多分。

まず最初は、「一押しページがちゃんとAMP化されているか」程度の気楽な利用をから始めると良いかもしれません。

※単にチェックをするだけなら、以下のChrome拡張も手軽です。

先日、自作のWordpressテーマをAMP化しました。その時に、一番苦労したのが、Wordpress本文にある「AMP仕様から外れた記述」を無理やりにでも「AMP仕様に沿った記述」に変更する処理です。で、自分のサイトも、今回使用する「本文
スポンサーリンク
アドセンス(大)
アドセンス(大)

スポンサーリンク
アドセンス(大)