Simplicity20140912開発版公開。カスタマイズ設定のねじれ解消、サムネイルカードリスト実装、インタレストAnalyticsに対応など。

Simplicity20140912にバージョンアップしました。

なお、今回から開発版になるので、またしばらく多少の仕様変更と不具合はあるかもしれません。

今回の主な変更点はこちらです。

  1. テーマカスタマイザー設定のねじれ状態を解消
  2. 大きなサムネイルカードリスト表示機能の追加
  3. アクセス解析設定がGoogleアナリティクスのユーザー属性とインタレストカテゴリレポートに対応
  4. パフォーマンス追求広告で広告を3つ表示できるところは、なるべく表示するようにした
  5. タイトル下のバナー広告をSNSボタンよりも上にした(はてなのドロップダウンとかぶるため)
  6. 子テーマ内にJavaScriptがあれば呼び出す
  7. アウトライン設定の見直し
  8. テーマカスタマイザーで個別投稿のアイキャッチ表示を切り替えられるようにした
  9. 大規模なリファクタリング(コードが少しはスッキリした)
  10. CSSの調整
  11. 「サムネイル表示」のデフォルト値がfalseになっていたのをtrueに修正(追記:9/12 22:00)
  12. タイトルリンクの不具合修正(追記:9/13 16:48)

設定のねじれ解消

Simplicity作成当時から気になっていたテーマカスタマイザー設定のねじれを解消することができます。

設定をねじれとは、以下のように「〇〇の非表示」となっているところです。

Simplicity1.1、20140909安定版公開

これをすべて、「〇〇の表示」と表示されるようにしました。

〇〇の表示

これで、「〇〇の非表示」「〇〇の表示」と混乱せずに直感的に設定ができるようになったと思います。

なおこの仕様変更により、チェックボックスを使用する設定は、以前の設定が保持されていない可能性があります。以前のバージョンからアップデートする場合は、必ず「外観→カスタマイズ」から設定を見直してください

大きなサムネイルカードリスト機能追加

トップページのリストを大きなサムネイルカードにできる機能を追加しました。

以下のカスタマイズ方法を実装した形になります。

Simplicityのトップページ等のリスト表示をサムネイルカード方式に変更するカスタマイズ方法

Simplicityのトップページ等のリスト表示をサムネイルカード方式に変更するカスタマイズ方法

この設定は、「外観→カスタマイズ→レイアウトの設定」から行えます。

なお、この設定を行った場合は、サムネイル画像の再生成が必須です。再生成の方法は、以下を参照してください。

Simplicityテーマをインストールして、画像の比率が狂うときにやって欲しいこと

アクセス解析に機能追加

「外観→カスタマイズ→アクセス解析」のGoogleアナリティクス設定を「ユーザー属性とインタレストカテゴリレポート」に対応させました。

Analytics解析

この設定は、えむ氏のログの以下の記事を参考にさせてもらいました。

Simplicityのanalytics.phpをいじってトラッキングコードを修正した

この設定は、Googleアナリティクス側でも設定が必要です。後で記事も書きますが、Analytics側の設定は、上記リンクを参照してください。

あと、子テーマを使用している場合に子テーマフォルダ内にanalytics.phpファイルがある場合は、子テーマのものが使用されてしまいます。もしanalytics.phpが子テーマフォルダ内にある場合は、削除するか再編集してください

広告の設定

パフォーマンス追求広告にした時に、なるべく多くのページで広告が無理なく表示されるように修正しました。

ただ、ブログの始めたてなどでは、広告が目立ちすぎる可能性もあるかもしれませんが、判断はおまかせします。

あと、ページのトップに表示されるバナー広告の位置を少し変更しました。

タイトル下にシェアボタンを表示している場合は、シェアボタンの上に広告が表示されるようにしました。(これまではシェアボタンの下に広告が表示されていた)

これは、はてなブックマークのシェアボタンを表示させていた場合、はてブのダイアログが表示されて広告にかぶるからです。アドセンス規約違反になるといけないので。

広告にかぶらないように

子テーマ内のjavascript.jsを呼び出す

WordPressのstyle.cssは、子テーマで呼び出されると、親テーマのstyle.cssを上書きして追記することができます。

functions.phpは、上書きはできないものの、親テーマのfunctions.phpに追加する形で関数を記入することはできます。

しかし、JavaScriptファイルを書き加えたい時には、自前でJavaScriptファイルを作成し、テンプレートをカスタマイズして呼び出さなければなりませんでした。(Wordpress2デフォルトで用意しなければいけないファイルでもないので)

けれど、今回のバージョンから、子テーマにjavascript.jsがある場合は、自動的にそれを呼び出すようにしたので、jQueryなどを追記したいときは、javascript.jsファイルに書くだけで、親テーマのjavascript.jsに加えてJavaScript機能を追記することができるようになりました。

最新のSimplicityの子テーマには、javascript.jsも既に同胞して、配布されているのでそのまま使用できると思います。以前の子テーマを使用している場合は、javascript.jsファイルを作成して記入すればOKです。

アウトライン設定の見直し

以下の記事を読んで、アウトライン設定を見直しました。

Stinger、Gush、Simplicity、Principleのアウトライン構造を比較してみた

カテゴリページにh1がないのは完全にミスなので修正し以下のようになりました。

トップページ

トップページ

トップページのみタイトルをh1にしました。あとはセクションで調整程度です。

カテゴリページなど

カテゴリページ

カテゴリ名をh1に修正しました。アーカイブ、タグ、投稿者ページなどもh1に変更されましたが、重複コンテンツ防止のため、元々noindexになっているので、インデックスはされません。

投稿ページ

投稿ページ

これは、今まで通り、記事タイトルをh1から、セクションを使用して関連記事やコメントウイジェットを本文記事見出しの下に入らないようにしました。

Principle作者さんのアウトライン構造の記事が、とても勉強になりました。

個別投稿のアイキャッチ表示

要望フォーラム「記事中のアイキャッチ 表示/非表示 が出来る設定」にて、要望をいただいたので、機能を追加してみました。

「外観→カスタマイズ→レイアウトの設定」の「本文先頭にアイキャッチ画像表示」にチェックを入れると「サムネイル大」の大きさで本文先頭にアイキャッチが入ります。

アイキャッチ表示

なお、デフォルトではオフになっているので、先頭に画像を挿入しアイキャッチとして使用している場合は、そのままの設定でOKです。

コードのリファクタリング

テーマカスタマイザーのねじれ解消もそうなんですが、関数化できるところは、なるべく関数化、短くできるところは、なるべく短くして、コードの書き直しをしました。ちょっとすっきり。

まとめ

今回は、かなり機能を追加して、コードに編集を加えたので開発版としての公開です。

もし、「不具合がある」、「広告が4つ表示されているぞ」、「エラーメッセージが表示される」なんて時は、お気軽に不具合報告フォーラムにて教えていただけると幸いです。

エラーメッセージが出ている場合は、サーバーとエラーメッセージを添えて報告していただけると早く対応できるかと思います。

Ptengine
初心者でも見やすいアクセス解析「Ptengine」。無料から使えて、Simplicityから手軽に設定することも可能です。
スポンサーリンク
アドセンス(大)
アドセンス(大)

Simplicity20140912開発版公開。カスタマイズ設定のねじれ解消、サムネイルカードリスト実装、インタレストAnalyticsに対応など。
最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
アドセンス(大)

コメント

  1. […] 更されたそうです。詳しくは→Simplicity20140912開発版公開。カスタマイズ設定のねじれ解消、サムネイルカードリスト実装、インタレストAnalyticsに対応など。  お次はわいひらさんの作成 […]

  2. mao より:

    記事の下部に表示される336×280pxの広告についてなんですが、それぞれ別々の広告を表示することは出来ますか?

  3. わいひら わいひら より:

    設定画面からはできません。
    別々の広告にするには、ad-article-footer.phpテンプレートを自身で編集する必要があります。