Simplicityのレイアウトカスタマイズにある「エントリーカード全体をリンク化」機能の説明

Simplicity2.2.3で、「エントリーカード全体をリンク化」できる機能を追加しました。

機能を利用するには、Wordpress管理画面から「外観→カスタマイズ→レイアウト(全体・リスト)」項目の「エントリーカード全体をリンク化」を有効にすることで利用できます。

カスタマイザーのエントリーカード全体をリンク化

この機能を有効にすることで、これまで以下のように、「投稿タイトル」と「サムネイル」などに、リンクが入っていたものが

エントリーカード全体をリンク化する前の状態

以下のようにエントリーカード全体がAタグで囲まれリンク化されます。

エントリーカード全体をリンク化した状態

これにより、カテゴリリンクなどは無効化されます。

エントリーカード全体がリンク化された箇所

「エントリーカード全体をリンク化」を有効にすると、以下のカード部分全体がリンク化されます。

インデックスリスト部分

トップページのインデクスリストや、アーカイブリストの以下のスタイルで利用できます。

カスタマイザーの一覧リストのスタイル

  • エントリーカード(デフォルト)
  • 大きなエントリーカード
  • 最初だけ大きなエントリーカード
  • 最初だけ本文表示
  • サムネイル大
  • タイル2列
  • タイル3列
  • タイル2列 画像縦横比保存(要再生成)
  • タイル3列 画像縦横比保存(要再生成)

関連記事カード

関連記事のエントリーカードは、すべて全体がリンク化されます。

関連記事表示タイプ全体のリンク化

  • デフォルト(推奨表示数3-10)
  • サムネイル3列(推奨表示数3, 6, 9)
  • サムネイル4列(推奨表示数4, 8, 12)

ブログカード

あと、ブログカードも全体がリンク化されます。

ブログカード全体リンク化

全体がリンク化されない箇所

新着記事とか人気記事は全体リンク化されません。

新着記事や人気記事ウィジェット部分も全体リンク化しようと思ったのですが、人気記事はWordpress Popular Postsプラグインなどを使用しています。

そのため、手軽に実装することができず、正規表現を駆使して実装する必要があるので、面倒くさいのでやめました(コードの保守が面倒そうなので)。

注意点

今回の機能を利用することで、以下のようなことが起こるかもしれません。

  • 全体をリンク化(Aタグで囲む)ことによりHTML構造が少し変わるので子テーマでスタイルシートをカスタマイズしている場合、スタイルが適用されない可能性がある
  • ブラウザキャッシュ、mod_pagespeedキャッシュ、CDNキャッシュが残っている場合は変更した部分のスタイルが適用されない
  • 全体リンク中のリンクがクリックできない(中に入るリンクは無効化されています)

カスタマイズしたスタイルが適用されない場合は、対応は自前でお願いします。スタイルを修正するのが面倒くさい場合は、機能を利用しないというのもありだと思います。

キャッシュ等が残っている場合は、各種キャッシュを削除してみてください。

ブラウザキャッシュの削除方法は以下を参照してください。

Simplicity動作不良時のガイドライン
Simplicityが「正常動作していないかな?」と思ったときにチェックして欲しいチェックリストです。 フォーラムなどで、いろいろ報告をい...

まとめ

今回の機能追加により、スマホなどではタップする的が大きくなり、多少は押しやすくなるかと思います。

スマホメインのサイトなどで利用すると、多少訪問者の利便性は上がるかもしれません。

スポンサーリンク
アドセンス(大)