Simplicityをver20140722にバージョンアップ。iframeをレスポンシブ対応、巡回率を上げるためスタイルの最適化など。

Simplicityをver20140722にバージョンアップしました。

ver20140718からの主な変更点は以下の3点。

  1. iframeをレスポンシブデザインに対応をさせました
  2. サイト巡回率・滞在時間を上げるため、見出しを太字にするなど変更
  3. 細かなスタイルの微調整
スポンサーリンク

iframeをレスポンシブ対応

ver20140718で一応、iframe,canvas,video,svg要素のレスポンシブ対応はしたつもりだったんですが、

YouTube動画だと

  • 16:9の動画→レスポンシブOK
  • 4:3の動画→表示が崩れる

みたいなことになったので、4:3の動画でも適切に表示されるように関数を設定し、スタイルを付加しました。

具体的な方法については以下に書きました。

YouTubeなどで使われるiframe要素を、WordPressでレスポンシブ対応する方法

サイト巡回率・滞在時間を上げる変更

Google Analyticsで言えば、「ページ/セッションUP」「平均セッション時間UP」「直帰率DOWN」するために、なるべくシンプルさは保ったままデザインを多少変更しました。

計測サイトは自分のサイトですが、Simplicity公開初期のものよりサイト巡回指数がかなり改善しました。

ページ巡回指数の改善

ちなみに、このSimplicityページは、15日の開設から22日の今日まではこんな感じです。

Simplicityページ

このように、サイトのタイプによって全然変わってくる指数なので、あくまで参考情報です。

そこまで大きなスタイルの変更ではないですが、もし以前のものがよければスタイルシートでちょこっと戻していただければ幸いです。

細かなスタイルを調整

モバイルのユーザーエクスペリエンスを上げるためにスタイルを微調整しました。

今後のバージョンアップ

ちょっとスタイルを変更しただけで、意外と巡回指数が上がることに驚きました。

これからも、自分のサイトでいろいろ試しながら、シンプルさは貫きつつも、良かったところはどんどん取り入れていきたいと思います。

もし、不具合や要望などありましたらお気軽に声をかけてください。

スポンサーリンク
アドセンス(大)
アドセンス(大)

スポンサーリンク
アドセンス(大)

コメント

  1. […] ver20140722で対策済み。Googleのクロールも16日から21日でほとんど終わっています。) […]