Simplicity201401004公開。投稿記事下・SNSボタン下ウイジェット、スキン2つ追加など

Simplicity201401004にバージョンアップしました。

今回の主な変更点は以下。

  • 「投稿本文下ウイジェット」を追加
  • 「投稿SNSボタン下ウイジェット」を追加
  • メニューボタンアイコンフォント変更機能追加
  • トップへ戻るボタンアイコンフォント変更機能追加
  • 「ラージピクチャーヘッダー」スキン追加
  • 「ラージピクチャー(ストロベリー)」スキン追加
  • メインカラム前に何かを挿入したい時に使用するテンプレートbefore-main.php追加
  • インデックスリストを「大きなサムネイル」にしているときに、幅320px以下の端末で表示させても、画像がはみ出ないようにCSS調整
  • 細かなCSS調整
スポンサーリンク

投稿本文下ウイジェット

投稿本文の下にウイジェットを設置できるように機能を追加しました。

ウイジェットにブログランキングリンクなどを設置

例えば、本文下にブログランキングへのリンクを設置しているブログをよく見かけます。そういった設定は、テキストウイジェットで設定すれば、テンプレートファイルを編集せずとも、以下のように表示されます。

投稿本文下ウイジェット表示例

ウイジェットの設定をしなければ、これまで通り表示されます。

投稿本文下にブログランキングなどへの誘導リンクを設置する方法

投稿SNSボタン下ウイジェット

投稿ページのSNSボタンの下(メインカラム最下)に表示されるウイジェットを追加しました。

投稿SNSボタン下ウイジェット

例えば、Simplicityデフォルト機能である、フォローアイコンよりも、SNS独自のフォロー機能(以下の例はFacebookライクボックス)の方がフォロー率が高いと思います。

そういった場合は、デフォルトのフォローアイコンを非表示にして、Twitterのフォローボタン、Facebookのフォローボタンなどを設置しても良いかもしれません。

投稿SNSボタン下ウイジェット表示例

こちらもウイジェットの設定をしなければ、これまで通り表示されます。

Facebookのライクボックスなどを本文記事下にウイジェットで配置する方法

メニューボタンアイコンフォント変更機能

SimplicityはFont Awesomeのアイコンフォントを使用してメニューボタンなどにしています。

例えば、Font Awesomeのアイコン集からクラス名を選択して以下のように入力することで、

メニューボタンアイコンの変更

次のようなメニューアイコンにすることができます。

メニューアイコンのカスタマイズ

「メニューボタン」と「トップへ戻るボタン」のアイコンを変更する方法

トップへ戻るアイコンフォント変更機能

こちらもメニューボタンと同様です。

例えば、Font Awesomeのアイコン集からクラス名を選択して以下のように入力することで、

トップへ戻るボタンのアイコンの変更

次のようなボタンに変更することができます。

トップへ戻るアイコンフォントカスタマイザーとの表示例

「メニューボタン」と「トップへ戻るボタン」のアイコンを変更する方法

「ラージピクチャーヘッダー」スキン

ヘッダー背景に大きな画像を使ったスキンを追加しました。

「ラージピクチャーヘッダー」スキン

テーマフォルダ内の「skins/large-picture-header/images/top.jpg」画像を変更すると、イメージを変更することができます。

「ラージピクチャー(ストロベリー)」スキン

こちらは赤系のスキン。ストロベリーを追加しました。

「ラージピクチャー(ストロベリー)」スキン

こちらも、テーマフォルダ内の「skins/large-picture-header-strawberry/images/top.jpg」画像を変更すると、イメージを変更することができます。


不具合等ありましたらフォーラムなどにご連絡ください。

スポンサーリンク
アドセンス(大)
アドセンス(大)

スポンサーリンク
アドセンス(大)

コメント

  1. okaerinasai より:

    こんばんは!!
    「おかえりなさい」です。
    いつもお世話になります。
    今回のバージョンアップはすさまじいです!
    使いたい機能が次々と実現させていくのですね!
    追いつけません。
    記事下ウィジェットやヘッダーのワイド化のアップデートは涙が出そうなほど嬉しい展開でした。
    早速20141004へバージョンアップしました。

  2. わいひら わいひら より:

    ありがとうございます!
    機能を追加するときは、いつも「この機能、自分が良いと思ってるだけで、実際に使ってくれる人いるのかな?無駄機能になったらどうしよう…。」とか思いつつ公開しています。
    なので、新しい機能を喜んでもらえると、「実装してよかった!」と思えてかなり嬉しいです。