Simplicity2.5.8公開。マルチ言語対応で英語に対応※

Simplicityを2.5.8にバージョンアップしました。

主な変更点は以下。

  • 言語ファイルを作成すれば様々な言語に対応できるようにした
  • 英語用のen.po、en.moファイルを作成
  • “Alt属性をキャプション表示”機能の不具合修正
  • 特定のプラグインを除外してREST APIを無効にする仕様に変更
  • Chromeで幅の広いテーブルがはみ出すCSSの不具合修正
  • ad-widgetクラスの付加
スポンサーリンク

Simplicityの英語対応

どこまで需要があるかわかりませんが、Simplicityをマルチ言語対応させてみました。

とりあえず、英語用の言語ファイルを作成したので、Wordpress設定の「サイトの言語」項目を「English」にすると、テーマが英語仕様で表示されると思います。

テーマカスタマイザー部分。

テーマカスタマイザーの英語化

ウィジェット画面。

ウィジェットの英語化画面

ただし僕は、あまり英語が得意ではないので、訳がおかしな部分も多々あると思うのでご了承ください。

「ここの英訳はこうした方が良い」なんて場合は、フォーラムにてご連絡いただければ幸いです。

詳しくは以下を参照してください。

先日、Simplicityの英語化についてリクエストを、いくつかもらいました。 @MrYhira "simplicity"のテーマを英...

プラグインを除外したREST API無効化

この仕様変更についての詳細は以下を参照してください。

REST APIを無効にしていたら、JetpackやContact Form 7が使えなくなってしまった…なんて場合の対処方法です。REST APIは無効化したまま利用したいプラグインのみをホワイトリスト方式で指定できます。

現在はこれだけに対応しています。

  • oembed(WPデフォルトの埋め込み機能)
  • Jetpack
  • Contact Form 7

あとがき

今回、初めてテーマのマルチ言語対応なるものをやってみました。

実際、テーマのマルチ言語対応は、やり方自体は単純で簡単でした。しかし、かなり面倒な作業ではありました。

いざやってみると、テーマ内845の文を翻訳する必要があり、翻訳後の文字数は3万文字くらい(空白含む)になりました。

Pedit(統計情報)

英語化する箇所は、「こんな表記でいいのか?もっと良い書き方があるんじゃ…」と、かなり悩みました。ただ悩んでいたら終わらないので、そこはスッパリと、分からないところは適当にしたり、ごまかしたりしておきました。何か言及があれば直せばいいや的な。

とりあえず、よく知らないまま勢いに任せてやり始めたのは良かったのかも。この面倒さを最初から知っていたら、多分やらなかった。

でもテーマ製作当初から、機能追加とともに少しずつしていれば、そこまで大変なもんでもないと思います。

なので「テーマを作って後々マルチ言語対応させたい」なんて場合は、作成早々からやっておくと良いかも。

スポンサーリンク
アドセンス(大)
アドセンス(大)

スポンサーリンク
アドセンス(大)