Simplicity1.7.9公開。パーツごとにデザインを着せ替えできる「パーツスキン」機能を実装。

Simplicityを1.7.9にバージョンアップしました。

主な変更点は以下。

  1. 「パーツスキン」機能を実装
  2. カレンダーの枠線を出すか出さないかの機能追加
  3. LINE@フォローボタンをPCでも表示(PCでもQRコードが表示されるようになったため)
  4. ブログカードの抜粋文が長すぎると枠からはみ出すスタイルの不具合修正
  5. [修正a]iPhoneのChromeブラウザでスライドインメニューを開いて閉じたときの文字のぼやけ修正
スポンサーリンク

「パーツスキン」機能

今回、パーツスキン機能を実装しました。

Simplicityのパーツスキン機能

「外観→カスタマイズ→スキン」項目の「[P] パーツスキン」などを選択すると利用できます。

パーツスキンというのを簡単に説明すると、パーツスキンフォルダ(デフォルトだと「skins/_Parts」フォルダ)に、とりあえず、CSSファイルを放り込めば、ひとまとめにしてCSS適用し表示してくれる機能です。

詳しい説明は以下。

Simplicity1.7.9でパーツスキン機能を実装しました。 以前にもスキン機能というのはありました。 パーツスキン機能も、スキン機...

これを利用することで、誰かに書いてもらった、CSSファイルを「パーツスキンフォルダ」に放り込むだけで、そのCSSが適用されます。

例えば、「H2見出しのみのスタイルが書かれたCSSファイル」と「グローバルナビ部分のCSSファイル」をパーツスキンフォルダに放り込んでおけば、まとめてCSS適用されて表示されます。

カレンダーの枠線機能

「外観→カスタマイズ→レイアウト(全体・リスト)」項目の「カレンダーに枠線を表示」でカレンダウィジェットの枠線表示を切り替えられるようにしました。

カレンダーに枠線を表示

ちょっと前のバージョンで、デフォルトで表示されるようにしたのですが、やっぱりデフォルトのカレンダーウィジェットの枠線表示はオフに戻しました。

まとめ

今回の目玉機能は、パーツスキン機能です。

以前から、追加したい機能だとは思っていたのですが、ようやく実装してみました。

Simplicityのテーマ全体に適用されるスキンを書くのは面倒ですが、部分部分の要素に絞ったパーツ部分のみだけを書くのはとても簡単です。

そういった、パーツCSSを組み合わせて、まとめて適用表示できるようにしたのがパーツスキンです。

人が、帽子、上着、靴、を選んでコーディネートするように、テーマでも、いろいろな部分のパーツをいろいろ選んでコーディネートできたらと機能を追加してみました。

他の人が書いたCSSファイルでも動作するので、いろいろな人が書いたCSSを組み合わせて利用できます。

使い方次第では、いろいろと便利な使い方も出来るのではないかと思っています。

スポンサーリンク
アドセンス(大)
アドセンス(大)

スポンサーリンク
アドセンス(大)