子テーマを有効にするとブロックエディタが表示されない

Simplicityの特徴 フォーラム Simplicity2に関する話題何でも 子テーマを有効にするとブロックエディタが表示されない

このトピックには3件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。8 ヶ月、 1 週前わいひら わいひら さんが最後の更新を行いました。

  • 投稿者
    投稿
  • #61152

    yukky

    WordPress:5.0.1
    Simplicity:2.7
    PHP:7.2

    こちらで配布されている子テーマを使用していますが、テーマの設定画面で有効にしていると、ブロックエディタの新規投稿画面が真っ白になってしまいます。

    試しに、子テーマのstyle.css以外を全て削除し、style.cssも最低限の子テーマ宣言のみに修正して再度試しましたが解決しません。
    親テーマを有効にすると問題は解決します。

    WordPress5.0になって子テーマの扱い方が変わりましたでしょうか?
    宜しくお願い致します。

  • #61155

    Akira

    試しに、子テーマのstyle.css以外を全て削除し

    エラーの原因になりかねないので、子テーマに最初から入っているファイルは削除してはダメです。

    親テーマにすると不具合が出ないとのことですので、子テーマでされているカスタマイズが原因の可能性があります。

    とりあえず、WordPress のデバックモードを有効にし、PHP エラーが出ていないかお調べになるのがおすすめです。

    デバックモードの有効化は、下記のページをご参考ください。

    WordPress デバッグモードについて

    WordPress5.0になって子テーマの扱い方が変わりましたでしょうか?

    いえ、変わっていません。

  • #61156

    yukky

    style.css以外を削除した子テーマを削除、
    ここで配布されている子テーマをダウンロードし、一切のカスタマイズ無しでアップロードして有効化。
    ブロックエディタは表示されませんでした。

    WP_DEBUGを有効にすると
    Notice: Undefined property: WP_Error::$status in /var/www/html/xxx/wp-includes/rest-api.php on line 1368
    と出ていました。

    そこで、Simplicityのカスタマイズにおいて
    “REST APIを有効”にチェックを入れたところ、ブロックエディタが表示しました。

    これにて解決とします。
    ありがとうございました。

  • #61157
    わいひら
    わいひら
    キーマスター

    子テーマが原因というわけではなく、子テーマのテーマ設定に保存されていたREST設定が原因だったんですね。
    ということは、Gutenbergは、RESTを利用した機能なのかもしれませんね(詳しくはわかりませんが)。
    今後、同様の問題が起こった方のために、覚えておこうと思います。ありがとうございます。

トピック「子テーマを有効にするとブロックエディタが表示されない」への新規返信追加は締め切られています。

スポンサーリンク
アドセンス(大)
アドセンス(大)