”エックスサーバー” 新サーバー移行におけるトラブルとその解決ヒント

Simplicityの特徴 フォーラム 管理者宛の問い合わせ・その他 ”エックスサーバー” 新サーバー移行におけるトラブルとその解決ヒント

このトピックには11件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。7 ヶ月前わいひら わいひら さんが最後の更新を行いました。

  • 投稿者
    投稿
  • #50942

    三日坊主

    さて、今回起きた事象は、移行サービスを行った後、当サイトが表示されない(500エラー)事象と、管理画面(ダッシュボード)に入れないという事が起きた件です。

    もちろん、テーマの問題ではなく、おそらく私と同じようにやってしまう人もいるかもしれない。という老婆心から報告を兼ねて書いています。

    私のサイト環境は、Simplicity作者のわいひらさんと全く一緒です。というか、真似しいです。(笑)全くもって追従しています。mixhostの件もそうですし、エックスサーバーの新サーバー移行に関してもです。

    というのも、素人同然の私にとっては同じ環境である事で、わいひらさんの記事やアドバイスが非常に参考になりますし、技術的にも大きなサポートになり、アクシデントが起きた際にも解決方法として助けていただいているからです。

    で、今回も真似しいで新サーバーへ移行してみました。もちろん、わいひらさんの記事を見ながらです。

    ただ、いらん事しい(大阪弁で不要な事をするって意味)な私は、サイトスピードを検証するためにわいひらさんが注意喚起してくださっているにも関わらず、時折、色々なキャッシュ系のプラグインを有効・無効に切り替えて試していました。

    = 経緯 =
    新サーバーに移行する時、キャッシュ系・圧縮系のプラグインは無効にしていました。アクセス解析としてGoogle Analytics・THK Analyticsを使用していました。(このTHK Analyticsの作者の方も、解析ツール・テーマを無償で提供されており、大変感謝いたしております)

    Simplicityを使用している方はご承知のように、テーマカスタマイズ内でGoogle AnalyticsトラッキングIDを入力する事で簡単に解析が始まります。THK Analyticsはサーバー上に設置して解析します。なのでGoogleとは環境が違います。他サイト(Google)から情報を読み込みに行くか、自サイト内で読み込むかの違いがあります。

    この詳しい仕様については私ごときが説明できるものではないのですが、以下は使用環境としての記述ですのでご了承ください。

    = 簡単移行って言うだけあって、簡単やった =
    新サーバーへは順調に移行できました。全然、問題なし!
    移行後、メインドメインのメール設定を変更しておりました。受信・送信サーバーがsv11○○.xserver.jpからsv2○○○.xserver.jpへ変更になるためです。この時はサイトも順調に表示されており、全く問題はなかったのです。(メールのページを行き来していましたので)

    若干早い感じもしており、「おお、これが新サーバーの環境か」なんて思いながら作業をしていました。

    その後、プラグインのページへ飛び、削除するつもりが、うっかり間違ってキャッシュ系のComet Cacheを有効にしてしまいました。すると、タブのクルクルがいつまでも治らず有効化もなりません。

    間違ってしまった私としては、有効化後に無効・削除といきたかったのですが全く反応しない状態になりました。この時点でサーバーに大きな負荷がかかっていて500エラーの状態が起きていました。

    ブラウザのキャッシュ? なんて勝手に思い込み、Chromeを閉じてしまい、PCを再起動しました。その後、サイトはPC・スマホ・タブレットで二度と開かれる事は無くなったのです。

    移行したドメインはサーバーからプレゼントされた分も入れて6個ありますが、メインドメイン(https://3kabouzu.com)だけがこの状態になりました。(他はダッシュボードも表示もOK)他のドメインで運用しているブログは、ほぼほったらかしなので、いじらなかったがために問題が起きなかった。というのが正解です。

    = やむなくエックスサーバーへもサポートを求めメールを送りました =
    サーバー側の回答は、

    「上記URLへアクセスいたしましたが正常に閲覧が可能な状態でございました。お客様側で何も対処はされていないということならプラグインの有効化やその他、何かしらの原因でプログラム負荷が高まったことでエラーが発生していたのではないかと存じます」

    というのが1回目で、こっちはサイトが表示されないから焦ってます。「三日坊主さん辞めはったん?」なんて、京都あたりから言われそうやし…

    2回目は、
    「本件はDNS変更情報の浸透待ちである可能性がございます。浸透には24時間お時間を要し、閲覧環境により異なって参ります。しばらく時間を置くことでアクセスが安定するかまずはお試しください」

    浸透? サーバーって漬物か⁈ それとも化粧水や乳液みたいに高級系がいいのか? 浸透の意味がわからん…

    そして最終的な回答は、
    「まずサーバーパネル「ログファイル」をご確認いただき500エラーが発生した端末からアクセスログが存在するかどうかをご確認ください。それで該当するアクセスログがないのなら切替キャンセル前のDNS情報でアクセスがされているとお考えください」

    「なお、ブラウザにキャッシュが残っているわけではないようですのでシークレットモードを使うことにあまり意味はございません。ネットワーク機器側でのDNSキャッシュのクリアが可能ならお試しいただければと存じますが、上位ネットワーク側でキャッシュが保持されている可能性もございますので基本的にはお待ちいただく必要があるかと存じます」

    = という事で、待て!となりました =
    結果的には、おおよそ14時間後(3月10日10時ごろ)に突然PCでサイトが表示されました。同時に、この時点ではスマホでは表示されていましたがタブレットは500エラーが出ていました。もちろん、検証時には全てキャッシュをクリアして、なおかつシークレットモードで開いてみましたが事象にばらつきが出ていました。

    わいひらさんの記事ではこのような事象が起きていないので、私の環境が大きな負荷がかかる原因です。

    おそらく、旧サーバー環境下で動作させていたキャッシュ系プラグインが、新サーバーに移行した環境下で有効化した事によって何らかのエラーを起こし、サーバーへ大きな負荷をかけたのだと思います。

    そこへサーバー上の情報を読み込もうとする解析ツールが読み込めないためにアクセスを続ける。サーバーが不安定な状態でこれらが一気に続くとダウンしてしまうと感じます。

    無茶苦茶かもしれませんが、できる解決法として行ったのは、File ZilleでプラグインComet Cacheを削除。サーバー上に設置しているTHK Analyticsをアンインストール。(解析データーは全て無くなりますが…)その後、放置!しかありませんでした。

    上位サーバーにあるキャッシュをクリアする。なんてわからないし、サポートメールにもそのような説明もないのでユーザー側ではどうしようもない事だと思います。

    = 教訓 =
    わいひらさんがおっしゃっているように、Simplicityはキャッシュ系のプラグインと相性が悪いので使用しないほうがベストですが、使用する場合はわいひらさんのアドバイスに従って使用する事をオススメします。

    なので、エックスサーバーでの新サーバー移行に関しては、キャッシュ系のプラグインを極力使用しないとい。というか、サーバーが安定するまでは不要な事をしないのが最良です。

    『Simplicityが「ファイルを生成するキャッシュプラグイン」と相性が悪い理由』
    https://wp-simplicity.com/simplicity-and-cache-plugin/

    Simplicityが「ファイルを生成するキャッシュプラグイン」と相性が悪い理由
    https://wp-simplicity.com/incompatible-plugins/

    THK Analytics(これは全く問題なく動作していました)など、サーバー上にアクセス解析を設置している場合には特に注意が必要かと思います。サイトが表示されない500エラー時には、この解析ページも表示されずでした。

    このような形態での解析ツールはサーバー上の情報を読み込みに行こうとしますし、そこへキャッシュ系プラグインでアクセスを試みると、エラーが出ている状態ではより一層の負荷がかかり無限ループが起きてしまうと考えます。

    しかも、新サーバー移行時にはサーバーに設置している事も忘れがちですし、トラブルが起きて初めて「これもか!」と知る事になるのですから。

    サポートにも「>切替キャンセル前のDNS情報でアクセスがされているとお考えください」とも言ってますので、新サーバー移行は、このような「何か情報を読み込もう」というツールが正常に動作しない環境になるという事です。

    「新サーバー移行の場合は、24時間ほど待ってからアクションを起こす!」

    これがベストでしょうか。メール受信の設定ぐらいは大丈夫だと思いました。また、新しく記事をアップしても問題はないのでしょうが、万一、旧DNS情報が原因で投稿できない事態が発生した場合、そこからサーバーがダウンすることも考えられます。

    = 最後に =
    私と同じく、エックスサーバー & simplicityの組み合わせで使用している方も多いと思いますので、何かの参考になればと書きました。

    私も問題が起きてフォーラムで検索してみたのですが、こんなバカな事をしでかしている方はいなかったので、自分が人柱になってお役に立てればと思いましたので報告です。

    エックスサーバー側も、「簡単新サーバー移行」として勧めてくるのですからユーザー全てがスキルが高くない事を承知の上で運用・対応しています。今回のように「>切替キャンセル前のDNS情報でアクセスがされている可能性がある」なら、移行時の注意として「移行したらじっとしとけ!」って感じの説明が手順のところに欲しかったなぁと思っています。

    以上、長文で失礼しました。

  • #50945

    みき

    結果的には、おおよそ14時間後(3月10日10時ごろ)に突然PCでサイトが表示されました。同時に、この時点ではスマホでは表示されていましたがタブレットは500エラーが出ていました。

    負荷の可能性も考えられますがサポートの方が言われているように
    DNSの反映待ちの可能性も考えられます
    DNSの反映待ちであればPCでは突然表示されスマホでは表示されないなんてことがありえます

    でも500であればサーバーエラーなのでキャッシュプラグインを有効化したせいと言えなくもなさそうです

    負荷であれば503が返ってきそうなんですけどね

    浸透? サーバーって漬物か⁈ それとも化粧水や乳液みたいに高級系がいいのか? 浸透の意味がわからん…

    キャッシュとかですかね
    言い方にもよりますが反映待ちです

    「新サーバー移行の場合は、24時間ほど待ってからアクションを起こす!」

    一番の安全策ですね!!!
    移行だけでなく情報の変更を行ったときは時間を置くのが安全かもしれません

  • #50946

    みき

    間違えた
    ×スマホでは表示されないなんてことがありえます
    ○タブレットでは表示されないなんてことがありえます

  • #50950
    わいひら
    わいひら
    キーマスター

    Comet Cacheというのは、今回初めて知りました。
    Simplicityでも、モバイルとPCそれぞれでキャッシュを生成できるキャッシュプラグインなら問題ないのですが、Comet Cacheの場合、有料版を購入して以下の設定をする必要があるっぽいですね。
    キャッシュプラグインのComet Cache Proを買いました | なんでも独り言

  • #50956

    三日坊主

    みき様
    わいひら様

    なるほどですね。アドバイスありがとうございます。

    今回の事は勉強になりました。キャッシュ系を使ったとしてもそれほどサイトスピードが改善されるわけでもなく、やはり、わいひらさんがおっしゃっているように慎重に取り入れないとダメですね。
    Comet CacheはTHK Analyticsの作者(この方はエンジニア兼プログラマー)の目線で見て、まだまともな動作とコードだとおっしゃってまして、なら使ってみようかと試していたところです。

    >でも500であればサーバーエラーなのでキャッシュプラグインを有効化したせいと言えなくもなさそうです
    >負荷であれば503が返ってきそうなんですけどね

    PCもタブレットもサイトが表示されず500エラーが返ってきました。実際、どうしていいもんやら、焦りまくりだったんですが結果としては待つしかないのですね。

    この時、わいひらさんと同じようにmixhostのお試し版を始めていて、その期限が切れる時期だったので真剣に引越しを考えたのです。

    寝ログの記事を頼りにデーター全てを移しhostsで確認するまでは行ったのですが、ここでもアクシデント。表示が若干崩れている。サイドバーのレイアウトがおかしい。などなど。さて、これまたどうしたものかと悩んでいるうちに疲れて寝てしまい、起きてから再開していると突然PCで表示された訳です。

    今回、報告をしたのは、エックスサーバー側では「簡単サーバー移行」とうたっていて確かに簡単なんですが、私のような素人者は移行後サクサク動いていると、安心して通常の状態と同じと考えて「何かしてしまう」可能性があるという事。

    そして、それが元でアクシデントに遭遇する「危険性」が潜んでいるという事を、アドバイス(告知)していないのを伝えたかったのです。やってしまうと、ユーザー側ではどうすることもできない。

    結果、14時間後に表示されるようになりましたが、もしこれが解決せずだと、最悪サーバー移転するかエックスサーバーに助けを求めるかしないとならなくなります。すると、せっかくアクセスを伸ばしてきたのに当然のごとくサイトは休業。なんて事になりかねないのです。

    今回の件では、わいひらさんの積み上げてきた記事のおかげで引越し寸前までいけました。これ以外の件でも助けていただいております。アクセスアップのために尽力くださっているお気持ちに感謝いたします。

    そんな事を感じながら、Simplicityを愛する多くのユーザーさんと情報を共有したいと思いまして投稿しました。

  • #50968
    わいひら
    わいひら
    キーマスター

    いえいえ、僕が記事を書いているのは、ほぼ備忘録目当てだったりするので。
    一番役に立っているのは、「半年後、やり方を完全に忘れてしまっている自分」だったりします。

  • #51000

    三日坊主

    わいひら様
    みき様

    あれから改めて新サーバー移行を行いまして、ようやくその原因が判明しましたのでご報告です。

    私が推測する事象の元の原因は以下の通りです。

    = 第1の原因 =

    「新サーバー簡単移行サービス」では、1系の旧サーバーから2系の新サーベーに適合するようにエックスサーバー側でデーターをコピー・修正を行います。

    その後、サーバーパネルなどでのファイル操作などは、新サーバー移行を決定し、移行が済むまではできませんが、インフォパネルにログイン後、各種申し込みのところにある「新サーバー簡単移行」をクリックすると、「ファイルコピー時のエラーログ」と「ファイル修正ログ」を見ることができます。

    これを私も確認しました。その際、エラーログは全てOKで、修正ログ内に1箇所「置換に失敗しました。ファイルへの書き込み権限が必要です」と表示されている箇所があったのです。

    それは、wp-config.phpファイルで、わいひらさんもMixHostへの引越し記事の中でも記述・説明されているように、アクセスするのに初歩的なかつ重要なファイルです。この事に気付きながら、新サーバーに移行してから修正できるんだろう? なんて思って新サーバー移行決定ボタンをクリックしてしまいました。(この時点でも問題・修正部分を理解し、サイトを表示せず、すぐにサーバーファイルマネージャーやFTPで修正できるかもしれません)

    特に自分でいじらない限り、このwp-config.phpファイルのパーミッションが変更される事はないと思います。が、しかし私のファイルは変更されており、そのためにアクセスに重要な wp-config.php のサーバー情報が修正されず旧のままになっていました。(他の5個のドメインは問題なく修正されていました)

    変更前 define(‘DB_HOST’, ‘mysql1###.xserver.jp’);から
    変更後 define(‘DB_HOST’, ‘mysql2###.xserver.jp’);にならないといけないのに、パーミッションの制約のためできなかったのです。

    = 第2の間違い =

    hostsファイルで新サーバーの動作を確認できます。通常、IPアドレスとドメインを一番下に入力して、ブラウザで確認します。わいひらさんもおっしゃっているように、この時、Firefoxのアドオン機能を使用して見ればよかったのですが、Chromeでサイトにアクセスしました。

    寝ログの記事を参考に作業を行なっていたのですが、その時、何を思ったのか記事の通りに
    183.90.242.30 wp-simplicity.com を真似て記述してしまったのです。

    正解は、190.90.###.## 3kabouzu.com で
    間違い、190.90.###.## wp-3kabouzu.com と書いたため
    ブラウザは、define(‘DB_HOST’, ‘mysql1###.xserver.jp’);へアクセスし、通常のサイト閲覧と変わらない環境で閲覧しているのに、それを確認と判断してしまったのです。(旧サーバー情報・IPでの接続)
    そりゃ、サクサク動きますし、レイアウトが崩れるわけもない。

    この時、わいひらさんのアドバイスを守って、Firefoxのアドオン機能を使用して見て入れば「あれ? IPアドレスが違うぞ?」と気付いたのですが、ここをスルーしてしまいます。

    = 第3の原因 =

    おそらく多くの方は、新サーバーに移行を決定などの作業時には、すでに自分のサイトを表示するなどの行為はしている状態だと思います。エックスサーバーを開く、別タブで自サイトのサイトも開いているなどです。この状態だとブラウザで開いている自サイトはキャッシュに残っている情報のままです。

    その後、新サーバーが稼働、WP上での何らかの行動を起こすとなるのですが、私の場合、ここでプラグインを有効化しました。当然、新サーバーへアクセスできない状態ですし、プラグインの命令もこれに重なってきます。そして、サーバー上に設置しているアクセス解析ツールもサイト情報を読み込みに行きますから、どれもが、旧サーバーの情報を持ったファイルが混在するサイトへは接続できません。

    その後すぐにエックスサーバーで「旧サーバーへ戻す」アクションをしました。結果的にはサイトが閲覧できる状態になっているのですが、混乱したDNSなど、サーバーが落ち着くまでに14時間かかってしまったのです。これをサーバー側で浸透と言ってました。

    = 再度挑戦 =

    今回、懲りずに新サーバーへ移行をしました。また、エラーが起きたらどうしようなんて思いましたが、やらなきゃ乗り越えられない。

    で、インフォパネルから移行元・移行先のデータ操作を開き、先の
    変更前 define(‘DB_HOST’, ‘mysql1###.xserver.jp’);を
    変更後 define(‘DB_HOST’, ‘mysql2###.xserver.jp’);へ修正を試みたのですが、変更されない。

    あ〜、パーミッションねとなって、正規のレベルを確認し、書き込みが可能な数値に変更。
    そしてインフォパネル上で無事に変更ができました。

    その後、わいひらさんのアドバイスを守ってFirefoxでhostsファイルを使って動作確認。
    もう一度、インフォパネルで移行先のDB_HOSTを確認してから決定を押しました。

    = 反省点 =

    今回は一度500エラーを経験し、14時間もの間サイトが表示されない、いや、14時間後に無事表示されたという方が正解かもしれないほどの出来事。Mix Hostへの移転も考えたほどでしたが、最終的な責任というかミスは自分にあります。また、その経験が再度移行を行う際の慎重さに繋がりました。

    ただ、エックスサーバー側でも新サーバーへアクセスする際に非常に重要かつ初歩的な情報である
    define(‘DB_HOST’, ‘mysql1###.xserver.jp’);の書き換えができなかった事への注意喚起があまりにも乏しいと感じました。

    インフォパネル上では何の問題もなく移行できるように「見えます」。ポンと次のステップヘ進むボタンを押してしまいそうになります。が、問題点をハイライト表示をするなり、重要な修正・確認方法などを示しておけば、私のような事態を招く者は減ると思うのです。

    できれば、全て問題が解決していないと決定ボタンというか、次に進めないなどのステップの導入などがあれば致命的なミスは減ります。

    お役に立てれば。そういった意味で何度も書き込みましたが、わいひらさんの了承も得た上でこの情報が初心者のトラブル回避につながればと思い報告をしました。

  • #51020
    わいひら
    わいひら
    キーマスター

    183.90.242.30 wp-simplicity.com を真似て記述してしまったのです。

    これだと確かに意味ないかもしれません(笑)
    ChromeでもFirefoxのと似たような拡張を探したのですが、ちゃんとIPを確認できるものがなかったんですよね。
    Chromeにも、ナイスな拡張があれば良かったのですが。

    原因の考察もありがとうございます。
    同様の問題が起きた方には、解決のヒントになると思います。

    一応元記事のURLも貼っておきます。
    エックスサーバーの「新サーバー簡単移行」機能を利用してスペックを無料グレードアップする方法

  • #51123

    三日坊主

    ご返信が遅くなりました。

    つい、わいひらさんの通りにやってしまいまして・・・(笑)
    あの後、エックスサーバーさんからは以下のようなメールが来ました。

    >今回いただいたご意見についてはお客様から
    >[新サーバー簡単移行]、ひいては当サービスへのご要望として
    >各担当部署へ申し伝えてまいります。

    >wp-config.phpなどはお客様側で
    >独自のカスタマイズをされている方もいらっしゃるため
    >「修正されていないまま切り替えても問題ないかどうか」を
    >確認するような画面を設けるなど、検討いたします。

    と言う事で、現在は新しい2系サーバーでサクサク動いております。
    簡単と言う言葉には落とし穴がある。
    と痛切いたしました。

    しかし、Mix Hostにデーターを移し終えて、ネームサーバーを変更すればいつでも
    移転できる状態にしているのですが、エックスサーバーの200GBとMix Hostの20GBの違いも大きいですし、
    14時間を経験すると、移転には勇気がいると言うか、また⁈ なんて考えると、
    新サーバーにうまく移行できたので引っ越しを悩んでしまいます。

    あの時、慌ててMix Hostを契約したのですが、今となってはどうしたものかと・・・
    (現在は、万一のためのデータ保存用コピー状態です)
    なので、当面はエックスサーバーでお付き合いしようかなと思っております。

    今回の事象が皆様のお役に立てれば幸いです。

    今後もよろしくお願いいたします。
    お身体ご自愛ください。

  • #51146
    わいひら
    わいひら
    キーマスター

    特に現状エックスサーバーに不都合がない限りは、エックスサーバーでも十分役割を果たしてくれると思います。新しいサーバーになったならなおさら。
    僕も、エックスサーバーの簡単移行がもっと早く実行できるようになっていれば、サーバー負荷が許容範囲になり、移行しなかった可能性もあるかもしれません。
    いずれにせよ、どちらも良いサーバーなので、現状良いと思った方を選ぶので問題ないと思います。

    僕は、MixHostのテスト用に、もう一つアカウントを取得していろいろ試しています。
    新しいもの好きには、MixHostは楽しいです。

  • #51202

    三日坊主

    わいひら様へ

    申し訳ありません。お手数をおかけいたしますが、訂正・修正をお願いいたします。
    トピックタイトルで、新サーバー「以降」と記述してました。正しくは「移行」です。
    修正されましたら、トピに不要と思いますのでこの修正要請の投稿は削除ください。

    よろしくお願いいたします。

  • #51214
    わいひら
    わいひら
    キーマスター

    ていうか僕も気づいていませんでした。
    修正しておきました。

トピック「”エックスサーバー” 新サーバー移行におけるトラブルとその解決ヒント」への新規返信追加は締め切られています。

スポンサーリンク
アドセンス(大)
アドセンス(大)