Simplicity子テーマ(無印)をv20150522にバージョンアップ【公開中止】

Simplicity子テーマ(無印)を半年ぶりにバージョンアップしました。

新しい子テーマの呼び出し方法だと、スキン機能など不具合が出るのでバージョンを以前のものに戻しました。新しい子テーマをダウンロードした方は、子テーマから再びダウンロードして適用してください。

スポンサーリンク

子テーマ(無印)新バージョン

以前の子テーマでは、親子テーマのスタイルの呼び出しを、@importで行っていましたが、今回のバージョンからfunctions.phpで以下のように呼び出すようにしました。

//親子テーマのstyle.cssを呼び出す
function theme_enqueue_styles() {
    wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css' );
 
}
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );

変更した理由は以下。

子テーマについて詳しくは以下を参照してください。

Wordpressテーマのカスタマイズに必要な「子テーマ」と「親テーマ」に関する概念に関する説明です。子テーマの作り方や、使い方についても説明しています。テンプレートやスタイルを変更するなら、必ず押さえておきたいWordpressのテクニックです

ダウンロードはこちら。

テーマをカスタマイズするなら親テーマの直接編集はお勧めできません。 というのも、ダウンロードページで配布しているテーマファイルを直接編集す...

旧バージョンに同様の変更をする場合

ただ、これまで@importを利用した、以前のバージョンの子テーマを使用している場合は、そのままで良いかと思います。

そこまで変わるものでもないですし。

ただ、旧バージョンでも、同様の仕様にしたい場合は、以下の変更を行います。

まずは、子テーマ内のstyle.cssを開いて、以下の部分を削除します。

@import url("../simplicity/style.css");

あとは、子テーマ内のfunctions.phpに以下を追記すればOKです。

//親子テーマのstyle.cssを呼び出す
function theme_enqueue_styles() {
    wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css' );
 
}
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );

あとがき

もし表示がおかしくなった場合は、ブラウザを一度リロードした後、それでもおかしい場合は、フォーラムにて報告いただけるとありがたいです。

スポンサーリンク
アドセンス(大)
アドセンス(大)

スポンサーリンク
アドセンス(大)