Simplicityで404ページをカスタマイズする方法

Simplicityで404ページの画像と内容を変更できる機能を追加しました。

以前は、こんな感じの404ページでしたが、

以前の404 NOT Foundページ

以下のように変更することもできます。

カスタマイズ後の404ページ

スポンサーリンク

404ページの画像を変更する

404ページの画像を変更するには、「外観→レイアウト(全体・リスト)」項目にある「404イメージ」に画像を設定してください。

404イメージ

例えば、以下のような画像を設定すると、

404

以下のようになります。

404イメージの設定

404ページの内容をウィジェットで変更する

404ページの内容を変更するには、「外観→ウィジェット」設定から「404ページ」にウィジェットエリアにテキストウィジェットなどを放り込んで設定してみてください。

404ページウィジェットエリア

例えば、テキストウィジェットにメッセージを入れて、上記のように設定すると以下のように表示されます。

カスタマイズ後の404ページ

404ページは、検索エンジンにインデックスされないようにテーマ側で設定してあるので、よほど変なことをしない限りは、SEO的には全く問題ないと思います。

注意点

404ページカスタマイズは、以下の注意点があります。

  • タイトル・見出しは今のところを変更できない
  • 以前の「記事は見つかりませんでした。」というメッセージは表示されなくなるので、メッセージが必要な場合は、テキストウィジェットなどで表示させる必要がある

見出しとかは、その時変更機能を付けるかも。

あとがき

ぶっちゃけ、404ページをどれだけ凝ったものにしても、サイト回遊率が、そこまで上がるものではないと思います。

そもそも、404ページは、そこまで人が来る部分でもないですし、404ページに人が多く来るようだと、それはそれで問題で、サイトの見直しをした方が良いと思います。

ただ、サイト回遊率は上がらなくても、404ページがある程度凝ったものだと、もし迷い込んだ人がいた場合は、「このサイト404ページもちゃんと設定しているんだな」くらいは思ってもらえるかもしれません。

スポンサーリンク
アドセンス(大)
アドセンス(大)

スポンサーリンク
アドセンス(大)