Simplicity20140828公開。パーツスタイル変更機能を追加。不具合いろいろ修正。

IMG_0635-1300x866

Simplicity201408282バージョンアップしました。

今回の主な修正点は以下です。

  1. 検索ボックスのスタイル選択機能を追加
  2. 引用部分の幅を広げる機能を追加
  3. 人気エントリーウイジェットにWordpress Popular Postsの集計単位表示を選択できるチェックボックス追加
  4. ブートストラップに似たインフォメーションを表示するためのクラスを追加
  5. WordPressコンテンツの幅の指定
  6. 「PCレスポンシブ(小)表示」から「PCデフォルト表示」になったときサイドバーの挙動を改善
  7. Font Awesome系のプラグインをインストールするとfeedlyのフォローアイコンが崩れる不具合修正
  8. feedlyの購読者数取得関数の不具合修正
  9. 不要なvcardマークアップを削除
  10. CSSの調整

この中でも主なものを以下で説明します。

スポンサーリンク

検索ボックスのスタイル

以下に記事を書いたので、こちらを参照してください。

Simplicity検索ボックスのスタイルいろいろ

引用部分の幅の設定

以下の記事を修正したので、こちらを参照してください。

Simplicityの引用部分(blockquote)が狭いというときに、なるべく幅を広げるためのカスタマイズ

人気エントリーウイジェットに集計期間を表示する機能追加

WordPress Popular Postsを使用するSimplicityウイジェットに集計期間(集計単位)を表示する機能を追加しました。

こんな感じ。

集計単位の表示

このように表示されます。

集計単位の表示例

インフォメーションを表示するためのクラスを追加

以下に記事を書いたので、こちらを参照してください。

SimplicityにBootstrap風の案内メッセージを表示する方法

WordPressコンテンツの幅の指定

これは、functions.phpに以下のようにテーマのメインカラーの幅を指定しないとTheme-Checkプラグインなどに怒られるので記入しました。

//コンテンツの幅の指定
if ( ! isset( $content_width ) ) $content_width = 680;

これにより、本文中に挿入される幅が指定されていないiframe(YouTube動画などをURLのみで挿入している場合)は、PCでのデフォルト表示の幅が680pxになります。(モバイルでは640px)

YouTube動画など、URLのみで入力していた場合や、幅を指定しないショートコードを用いていた場合は、幅が680pxになるのでご注意ください。この一文を入れておかないと、いずれテーマをWordpressに登録したくなったときにできないのでご了承ください。


6以降は、使っていて気づいたり、利用者から指摘のあった不具合の修正です。


修正(2014/8/28 21:43):

  • なぜかChromeのみで検索ボックスがずれてしまっていた不具合修正。
  • 不要と思っていた投稿者のvcardマークアップが必要だったようで元に戻す
スポンサーリンク
アドセンス(大)
アドセンス(大)

スポンサーリンク
アドセンス(大)