Simplicityインデックスページの見出し出力のカスタマイズ方法

Simplicity2.5.6から、インデックスページの見出しを変更できるように仕様変更しました。

インデックスページ(アーカイブページ)の見出しとは、例えば「NEWSカテゴリ」ページを表示したなら、この部分。

「NEWS」一覧

子テーマのfunctions.phpでget_archive_chapter_text関数をオーバーライド(上書き)することで、見出し出力を変更できるようになりました。

インデックスページの見出しを変更するカスタマイズ方法

例えば、『「NEWS」一覧』を『”NEWS”アーカイブ』と変更したい場合は、子テーマのfunctions.phpに以下のように記入します。

function get_archive_chapter_text(){
  $chapter_text = null;
  //アーカイブタイトル前
  $chapter_text .= '"';
  //アーカイブタイトルの取得
  $chapter_text .= get_archive_chapter_title();
  //アーカイブタイトル後
  $chapter_text .= '"アーカイブ';
  //返り値として返す
  return $chapter_text;
}

すると、以下のように出力されます。

NEWSアーカイブ

CSSでもある程度変更可能

今回、CSSでもある程度スタイルを変更できるように、それぞれのパーツに対してクラス終わりやってました。

『「NEWS」一覧』見出しだとこんな感じのソースコードです。

<h1 id="archive-title">
  <span class="archive-title-pb">「</span>
  <span class="archive-title-text">NEWS</span>
  <span class="archive-title-pa">」</span>
  <span class="archive-title-list-text">一覧</span>
</h1>

これにより、『「」も一覧もいらんわ!』なんて時は、子テーマのstyle.cssに以下のように記入すれば、非表示にしたりすることが可能です。

.archive-title-pb,
.archive-title-pa,
.archive-title-list-text{
  display: none;
}

まとめ

今回のカスタマイズ方法を利用すれば、インデックスページ見出しの出力を、ある程度自由自在に操ることが可能です。

今回フォーラムに要望をいただいたので実装してみました。僕も前から変更したい部分だったので、ちょうど良い機会となり、やりたいことを全て実装できました。

というわけで「インデックス見出しのカギカッコがどうしても気に入らない」なんて場合は、今回のカスタマイズ方法を利用して変更してみてください。

Ptengine
初心者でも見やすいアクセス解析「Ptengine」。無料から使えて、Simplicityから手軽に設定することも可能です。
スポンサーリンク
アドセンス(大)
アドセンス(大)

スポンサーリンク
アドセンス(大)